<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=2677641659138633&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

契約電力の計算方法

 

契約電力は、毎月使える電力量の上限を指す。企業(低圧・高圧電力)の場合、上限を超えて使ったとしても電気を止められるわけではないが、超過した分だけ翌月以降の契約電力が上がることになる。

設定された契約電力が上がれば基本料金が上がるという仕組みのため、電気代の値上げにつながってしまう。

つまり契約電力を抑えることが、電気代を削減するにあたって非常に重要なのだ。

この記事では、契約電力の概要や計算方法などについて解説していく。

 

契約電力とは?

前述の通り、契約電力は毎月使える電力量の上限を指す。施設の規模によって、契約電力の幅は様々だ。

中小ビルや中小規模の工場であれば、契約電力2,000kW以内に収まることが一般的だ。契約電力が2,000kW以上の規模になると、特別高圧電力と呼ばれる分類になり、年間電気代が数億~数十億円といった水準になってくる。

画像1-17

また契約電力の規模によって、その決定方法も違ってくる。

契約電力が50~500kWの高圧電力(小口)では、実量制という仕組みで決まる。使った電気の量(正確には後述する最大需要電力)に応じて、契約電力が決まるというものだ。

一方で契約電力が500kW以上の高圧電力(大口)と特別高圧電力では、電力会社と需要家の協議によって決まる協議制がとられる。

いずれにしても契約電力によって基本料金が決まる点は共通だ。契約電力と基本料金の関係は、次の図のようになる。

画像1-18

 

契約電力の計算方法

契約電力によって基本料金が決まる仕組みをもう少し詳しくみてみよう。

契約電力の値は、瞬時的な使用電力量の高さで決まる。そのため仮に全体の電力使用量をどれだけ削減できたとしても、ある瞬間に使われるピーク値が高いままであれば、契約電力と基本料金は下がらないのだ。

このピーク値を最大需要電力(デマンド値)と呼ぶ。

最大需要電力は、当月を含む直近12カ月間でのピーク値を指す。このピーク値は、30分ごとの平均使用電力(kW)によって決まる。

たとえば1日24時間を30分ごとに分けると、48コマあることになる。1ヵ月(30日)の中では1,440コマだ。この1,440コマの中で最も平均使用量が高いコマが、月次の最大需要電力となる。

そして直近12カ月の月次最大需要電力の中で、最も高い値が契約電力になるのだ。

この仕組みを具体的な数値で見てみよう。

たとえば2019年8月から電力の使用を始めたとする。8月の最大需要電力は60kWだった。そうすると2月の契約電力は60kWだ。

画像1-19

 

翌9月の最大需要電力は63kWに上がった。そうすると契約電力も63kWに上がることになる。

画像1-20

 

その後気温が下がって涼しくなり、10月の最大需要電力は59kWに下がった。しかし契約電力は63kWのままだ。前述の通り、当月を含む直近12カ月での最大需要電力が契約電力になるからだ。

画像1-21

 

さらにそれ以後最大需要電力が63kWを上回ることなく推移し、20年9月になったとする。するとこの時点から直近12カ月の中での最大需要電力は、20年2月の61kW。そのため契約電力は63kWから61kWに下がることになる。

画像1-22

 

このように一度契約電力が上がってしまうと、向こう12か月間にわたって基本料金を押し上げることになってしまうため注意が必要だ。

 

契約電力を下げるには?

契約電力を下げるにはどんな方法があるだろうか。

直近12カ月のピーク値である最大需要電力が契約電力になるわけだから、当然ながらその値を下げることが契約電力の抑制になる。

主な手段はピークカット・ピークシフトの2つだ。

空調や照明、生産設備といった機器による電力使用量を減らすことでピーク値を抑えるのが「ピークカット」、もしくはそれぞれの機器の稼働時間帯を分散させることでピーク値を減らす施策が「ピークシフト」となる。

ピーク値を下げる最も手っ取り早い方法は、契約受電設備そのものを減らすこと、あるいは、年間を通して使用していた契約負荷設備を減らすことだ。

この方法だと確実にピーク値をカットすることができるが、いま使用している電気設備を減らせば、業務や職場環境などになんらかの影響を及ぼしかねない。

ピークカットもしくはピークシフトによって最大需要電力を抑える、かつ業務への影響を最小限にとどめる適切な施策を打つには、現状の電力使用状況を正確に把握することが必要だ。つまり電力の「見える化」が重要になる。

デマンド監視装置やデマンドコントローラーのような見える化装置も有効だろう。

 

まとめ

日々の省エネ活動で使用電力量を削減するだけでは、電気料金を下げるには必ずしも十分とはいえない。もう一つの大きな要素である「契約電力」に着目し、年間を通して自社がどのような電気の使い方をしているかを改めてチェックしたい。キーワードは「ピークカット」「ピークシフト」だ。その視点で見れば、これまで見えなかった省エネネタに気づけるかもしれない。

 

「電気代の削減方法が分からない」とお悩みの方へ

私たち、エネチェンジBizは、法人向けの電力会社比較サービス運営しています。

saiteki-denki-35d3b5096fd5363f9269d80cc84a3127e1bcbdd74db63e71367d7416f580f87c

 

お問い合わせいただく企業様は、「必要な削減施策はやり尽くした」「電気代を削減したいがやり方が分からない」といったお悩みを元々お持ちのケースが多いようです。

  • 「必要な固定費はすべて削減していましたが、これ以上は難しいかなと思っていました」(飲料メーカー様)
  • 「夏の空調代のせいで電気代が上がるのが悩みでしたが、何をどのようにすればよいのかがよくわかりませんでした」(ビル管理会社様)
  • 「日頃から節電を心がけていましたが、削減額は微々たるものでした」(宿泊施設運営事業者様)
  • 「大型機器を稼働させるための電力コスト増が長年の悩みでした」(衣料品メーカー様)

 

電力会社の切り替えは、誰もができる電気代削減手段です

ご契約中の電力会社を切り替えるだけで、毎月の電気代を削減できます。

どの電力会社を選んだとしても、供給される電気の質は変わりません。

ではなぜ切り替えただけで電気代が下がるのか?

電力会社によって供給する電力の調達方法、つまりコスト構造が異なるため、電力会社によって得意とするユーザー企業の特徴が変わってきます。

ユーザー企業からすると、電力の使用状況(負荷率など)が変われば、最適な電力会社も変わる可能性が出てくるのです。

エネチェンジBizでは、電力会社の見積りをお客様に提出するだけでなく、「なぜこの電力会社で安くなるのか?」といったご説明もしております。

 

エネチェンジBizが選ばれる理由

数多くの電力会社の中から、自社にマッチした電力会社を探す作業には労力がかかります。

より良い見積もりを電力会社から引き出すためには、知見も必要です。

エネチェンジBizでは、複数の電力会社からの見積もりを一括で取得。削減額や信頼性など、ご要望に合ったプランを経験豊富なスタッフがご紹介します。

また電力に詳しくない方でも十分にご検討いただけるよう、プランの特徴を丁寧にご説明。ご不安や懸念点を解消いたします。

さらに各社への見積り依頼や価格の交渉、新しい契約先との連絡、今現在契約している電力会社との解約まで、必要な切替手続きもサポートするため、最後までお客様のお手間がかかりません。

電気代削減率は平均15.1%

エネチェンジBizがこれまで支援した切替件数は約4万件。電気代削減率は平均15.1%です。

「なぜ切り替えるだけで安くなるのか?」「信頼できる電力会社なのか?」「電力供給に問題はないのか?」といったご不安にも、丁寧にお答えいたします。

設備投資のように費用がかからず電気代を削減できる手段です。ぜひお気軽にご検討ください。

まずは「自社で切り替えた場合、どれだけ安くなるのか?」が分かる無料診断も実施できます。必要な情報は、毎月の電気代の明細書のみです。

電気代を削減したお客様による声

  • 「思ってもいないような削減額の大きさでとても満足しています」(医薬品メーカー様)
  • 「電力自由化や切り替えに関する疑問に丁寧に答えてもらえました」(製本業様)
  • 「切り替え後の対応も手厚く、満足度も高いです」(飲料メーカー様)
  • 「また電力会社や契約プランなどを見直す際には、ぜひ頼りにさせていただきたいです」(電子部品メーカー様)

電力会社の切り替え事例集をみる

 

運営企業について

ENECHANGE株式会社では、法人・個人向けに電気代削減サービスなどを提供しております。

法人向けの電気代削減としては、電力プランの比較サービスだけでなく、省エネ製品の導入、省エネ補助金申請サポートなど総合的にお手伝いしております。

2020年12月には、東証マザーズ市場に上場いたしました。今後もますます企業の皆さまの電気代削減に貢献して参ります。

71f3edca64830cbcbe144d4a994baa8a

会社概要

1-Apr-27-2021-06-59-44-80-AM

 

お試し感覚でご相談ください

りあえず見積もりだけ取って本当に安くなるか見てみたい」という場合でも結構です。

電力会社の切り替えをご検討の方は、下記フォームからお問い合わせください。専門スタッフよりご連絡を差し上げます利用規約個人情報の取扱いについて